So-net無料ブログ作成

また絵描き替え玉 [p a l i n d r o m e]



  • 「普通、文章ってのは現象や意味が先にあって、それを言葉にするんだ。我々の会話でも、小説でも、詩でも、俳句でも、まあたいていの場合はそうだ」/ ヒロくんはとてもゆっくり車を走らせた。私たちは今まで、本当に、長い長いドライブ(時にはフェリーに乗って海を渡ったりもした)を続けてきた。/「だけど、回文はそうじゃないんだ。終わりからも読めるっていうルールに合わせて文を作るから、現象や意味より先に文章ができる。だから時に、頭の中の想像力や、世界の現象を超える文章ができる。つまり、まったく新しい概念を、この世に提示することがあるんだ」/「へえー。それが例えば、薄目の凸凹原人、ってこと?」/「そうだね」/ 前方の信号が赤に変わり、車は静かに停車した」/「勝つまで丸裸だ、春まで待つか」/ ヒロくんが言うと、うひゃひゃひゃ、とケンちゃんは笑った。/「‥‥それも回文なの?」/「ああ、そうだ。もしかしたら我々人類は、この回文を耳にするまで、勝つまで丸裸で待つというシーンを想像したことがないかもしれないだろ?」
    中村 航 「真夜中のドライブ」


  • ⃞ 9つ買う、吉岡里帆もいだ芋掘りか?‥‥お正月の午後
    都内から観光バスに乗って、日帰りの芋掘りツアーに初参加した吉岡里帆さん。少女の時からサツマイモが大好物で、焼き芋や大学芋には目がない。幼い頃は祖母が蒸かしてくれたサツマイモ(紅東)しか食べたことがなかったけれど、最近は紅はるか、鳴門金時、シルクスイート、マロンゴールド、紅天使、安納芋‥‥など芋の品種も豊富になって、選んで味わう愉しみも増えた。似たり寄ったりで余り違いが分からない精米とは異なり、ホクホク系からシットリ系まで味覚も豊富で、黄色、黄金、紫、オレンジなど果肉の色もカラフルで見た目も愉しい。初体験した芋掘りは想像した以上の重労働で、畑から掘り出した芋もズッシリと重い。自分が掘った芋だけでは物足りなくて、農園の直売場で9本も購入してしまった。澄んだ空気を満喫しながら、これから作る芋料理のレシピの数々を想像しては1人北叟笑む。一仕事を終えた心地良い疲労感に満たされた麗らかな正月の午後だった。

    ⃞ 幼気どんぎつね可愛いわ。過熱、金・土、境内
    某即席カップ麺のCMに出演しているキツネ娘(どんぎつね)か神可愛いと評判になっている。どんぎつねが「きつねうどん」の化身なのかどうかは兎も角、ネコミミのような付け耳やシッポが自在に動くのも魅力的なのだ。ところが、TVの中の架空キャラだと思っていたキツネ娘が都内の某神社に夜な夜な出没するという噂がネットに流れるや否や、瞬く間に拡散されて巷間に広まった。物見遊山の気分で、どんぎつねが現われるという稲荷神社へ行ってみた。口コミ情報によると、毎週金・土曜日の夜に姿を現わす確率が高いという。神社の境内は有名な「ポケスポット」並みの大混雑だった。神社の祭りや縁日を想わせる過熱ぶりである。流石に露天や夜店は出ていなかったけれど。土曜の深夜‥‥見物人たちの多くはケータイを翳し、デジカメを構えて、鎮守の杜の中からキツネ娘が登場するのを今か今かと待っている。どんぎつねは神社の境内に本当に現われるのでしょうか。

    ⃞ 顔が白鮎、フラダンスが済んだら、冬‥‥「嵐が丘」
    毎年7月、ケイト・ブッシュの誕生月に因み、豪メルボルン、独ベルリン、加モントリオール、米アトランタなどなど世界各地で開催されている「真似ブッシュ」(Shambush)は「究極のケイト・ブッシュ・エクスペリエンス」‥‥赤いドレスを身に纏ったファンたちが〈嵐が丘〉に合わせて、PVのケイト・ブッシュと同じ振り付けで踊るライヴ・パフォーマンスである。嬉々として踊る老若男女のヴィデオを見て、バカバカしいと思いながらも少し羨ましくもあったのだ。ところが「真似ブッシュ」が光が丘公園で「日本で初めて開催されることになった。猛暑の真夏を避けて12月になってしまったのは残念だが、身が凍えるほど寒い方が北風が吹き荒む〈嵐が丘〉には相応しいかもしれない。毎年夏、「スパリゾート・ハワイアンズ」でフラダンスを踊っていた半魚人さんにとっても好都合だった。色白美人の半魚人さんも初参加することに決めた。冬休みの早朝ラジオ体操のようなリハーサルで踊っていたら、隣の女性に「半魚人さん、踊りも上手なのね」と褒められた。

    ⃞ 半魚人さんは晩餐、除菌は?
    「真似ブッシュ」のパフォーマンスを満喫した半魚人さんは一緒に参加した女友達や仲良くなったファンたちを自宅に招いて晩餐会を開くことにした。夕食のメニューは今朝獲れたばかりの新鮮な海鮮料理。握り鮨や散らし寿司、刺身や活け造りなどが所狭しと食卓に並ぶ。日本酒にワイン、ビール、ウィスキーなどアルコール飲料も豊富に取り揃えてある。食事の前に、半魚人さんから前口上があった。ケイトさまの還暦を記念してリイシューされた「リマスター・ボックス」はファン必携のアイテムです。今宵は彼女のアルバムを聴きながら、愉しい晩餐会になりますように。なお衛生面には細心の注意を払っていますが、生ものなので寄生虫には気をつけて下さい。特にアニーにはね。アニー?‥‥アニーって誰よ、「アニーよ銃をとれ」、それとも「アニーにおまかせ」?‥‥招待された客人たちが口々に戸惑っていると、半魚人さんが笑顔で説明する‥‥「アニサキスのことですよ。魚人界ではアニサキスのことを「アニー」って呼んでいるの」。

    ⃞ 薄めスムージー、CG娘、吸う
    私はスムージーが嫌いだ。健康に良く、ダイエット効果もあるというけれど、ドロッとした喉越し感は気持ち悪くて、想像するだけで吐きそうになる。一頃ブームになった青汁や飲むヨーグルトの類いも苦手である。どうしてヨーグルトを飲まなくちゃいけないのか理解に苦しむ。私が幼少の頃はヨーグルトもプリンもゼリーも固かった。スプーンで掬い取るとプルプルと震えるところが愛らしかった。ところが、いつの間にか軟弱化して、ドロドロ〜トロトロの方が好まれるようになってしまった。幼児や病人が摂取する流動食じゃあるまいし、もっと噛み応えのあるデザートが食べたい。大好きなオムライスまでも卵が柔らかくなっているのは断じて許せないわ‥‥TVコマーシャルを眺めながら悪態を吐いていたら、超可愛いヴァーチャル娘がストローでスムージーを吸っているCMが流れた。薄めのスムージー‥‥これならば、私にも抵抗感なく飲めるかしら?

    ⃞ 悪い子、ナマハゲに夜逃げ、浜名湖いるわ
    「泣く子はいねがー、悪い子はいねがー」‥‥2018年11月29日、ユネスコはモーリシャスで開かれた委員会で、日本の「来訪神 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することを決めた。「男鹿のナマハゲ」「能登のアマメハギ」「宮古島のパーントゥ」など、異形の神々たちがモンスターやゲテモノではなく、文化遺産として世界に認知されたわけだ。お正月に民家に乱入して子供たちを怖がらさせるナマハゲは昨今、子供のいる家庭から忌避されていた。勝手に家の中に侵入して来るのは困る、泣きじゃくる子供たちのトラウマにならないかと心配など‥‥評判が悪いのだ。今年も突然襲って来たナマハゲを怖がって、家の外に飛び出したまま帰って来ない幼い児童の失踪事件が報じられた。数日後、警察の懸命な捜査によって、男の子は浜名湖の周辺で無事に保護された。秋田県から電車を乗り継いで、母親の実家へ行こうとしたらしい。対面した祖父に、もう二度とナマハゲの顔は見たくないと脅えた表情で話したという。

    ⃞ キツネが代参、エンゼルパイ。ライバル千円、最高値つき
    森永チョコフレークが生産終了するという。森永製菓は売れなくなった理由として、ケータイを操作している指がベタつくことを挙げているけれど、腑に落ちない。 溶けたチョコで指先が汚れるのはポテトチップスの比ではないだろう。脂で指がベトつくことでポテチの売り上げが落ちたという話は聞いたことがない‥‥と思っていたら、トング(箸)で食べるという。なるほどチョコフレークは箸で挟み難い。日清シスコのチョコフレークは売れているのだから、単に値段が高いという価格の問題ではなかろうか。もしかしたら同社のエンゼルパイも生産終了になるのではないかという不安も囁かれてる。スーパーやコンビになどでもライバルのチョコパイの大量販売に押されて、エンゼルパイの肩身は狭い。一時的に品薄状態となり、「ハロウィン限定パッケージ」がネット通販で千円の最高値をつけたこともある。この事態に危機感を持ったパイ(天使)は親友のキツネ(どんぎつね)に代参を頼んだ‥‥「どうか、私の大好きなエンゼルパイが今後も安心して食べ続けられますように」って。

    ⃞ 楽ちんネコ暮らす宿、安らぐ5年ちぐら
    ベッド、ソファ、手提げ籠‥‥「職人の技を駆使した猫グッズに注目が集まっている」。人間の使用する家具を猫サイズに縮小したネコ版「人形の家」だが、飼いネコが気に入ってくれるかどうかは分からない。喜んでいるのは少女時代に人形遊びしていた飼主の方ではないかと思う。新潟県関川村で作られている「猫ちぐら」はコシヒカリの藁を使って、かまくら(雪室)のような形状に編み上げたネコの家である。「ちぐら」とは揺り籠という意味。保温性に優れた藁細工の家は狭くて暖かいスペースを好むネコには絶好の棲家(宿)となる。しかし空前のネコブームと相俟って、手作りの「猫ちぐら」の生産が追い着かない。1つ作るのに約1週間かかるために、注文しても納品は3カ月〜約1年後になってしまうという。ネットで注文した人気の「爪研ぎグッズ」には見向きもせず、相変わらず人間用のソファの上で爪を研いでいた飼いネコのピート君も気に入ってくれたようだ。5年前に購入した「猫ちぐら」の中で、今日も安らいでいる。

    ⃞ 花顔女・九分九厘・三陸・覆面画家
    覆面画家のバンクシー(Banksy)はステンシルとスプレー缶でストリートの壁に絵を描く。絵筆で描くと時間がかかってしまうから。市民や警官に見つかって逮捕される可能性を少なくするためには出来るだけ素早く描き終えなければならないから。世界各地に出没して、ゲリラ的に作品を描き残して立ち去るバンクシー。2018年12月、謎の覆面画家が密かに来日していたのではないかという噂が立った。バンクシーが壁画を描いたという痕跡は認められなかったが、青森、岩手、宮城、秋田県など、三陸地方の県立美術館に、出所不明の絵画が数点架けられていたことが判明した。発覚するまでの持続時間は数時間から1週間余り‥‥展示室の壁に小さなタブローを貼り着けている人物を目撃した人の話によると、どうやらバンクシー本人ではなかったらしい。全身黒尽くめの見目麗しい女性だったという。九分九厘、バンクシーを真似た女性覆面画家による仕業だと思われる。額装された「毛糸玉で遊ぶ子猫」の絵には「Punksy」というサインが添えられていた。

    ⃞ 南ア、時々激震、酷刑、結婚式、激怒、帰途アンナ
    ニーナとアンナ・ウィリアムズ姉妹は犬猿の仲。あの有名なギャラガー兄弟(Oasis)にも負けないくらい啀み合っている。アンナはG社幹部の男と結婚式を挙げるために、彼の故郷である南アフリカに来ていた。教会の控え室で持参したウェディングドレスに着替えようとしたのに、純白の花嫁衣裳が見つからない。焦って探していると、教会内に一発の銃声が響いた。慌てて礼拝堂に駆けつけると、黒いタキシード姿の新郎が聖杯台の前で倒れていた。外扉へ向かって逃げ去って行く金髪女性の後ろ姿が視界に入った。驚いたことに、その女はアンナが着るはずだったウェディングドレスを身に纏っていたのだ。アンナのフィアンセにはマフィアの幹部という裏の顔があった。クライアントからの依頼を承けて、婚約者を暗殺したのは姉のニーナだったのだ。最愛の恋人の命を奪われて激怒し、憎悪の炎を燃えたぎらせる妹のアンナ‥‥幸せの絶頂から奈落の底に落とされた妹は姉に復讐を誓うのであった。

                        *
    • 回文と本文はフィクションです。一部で実名も登場しますが、該当者を故意に誹謗・中傷するものではありません。純粋な「言葉遊び」として愉しんで下さい

    • 「猫ちぐら」については「シッポ」(朝日新聞 2018-10-21)の記事を参照しました

     スニンクスなぞなぞ回文 #53

     ◯▽△▢てフェルネーコ◇◎☆じ☆◎◇コーネル絵筆▢△▽◯

     回文作成:sknys

     ヒント:箱の中のフェルネーコ?


                        *


    まさか逆さま

    まさか逆さま

    • 著者:中村 航 / フジモトマサル
    • 出版社:キノブックス
    • 発売日:2016/10/29
    • メディア:単行本(ソフトカバー)
    • 目次:失われた文化を求めて / 不穏な旧世界〜『トンペイ史書』に描かれなかったもの〜 / 導かれし者 / 世界が終わる五分前 / 三つの創世記 / あとがきにかえて

    終わりは始まり

    終わりは始まり

    • 著者:中村 航 / フジモトマサル
    • 出版社:集英社
    • 発売日:2008/05/26
    • メディア:単行本
    • 目次:登場! 回文刑事 / キノコの記憶 / 真実の授業 / 夢喰い1 / さよなら僕のご主人さま / 夢喰い2 / ニャンコのデュエット / 夢喰い3 / 南国のデュエット / 登場! ネコ・ヤマザキ / 秀男さんの代わり / 私の先生 / 神の雷、世界が終わるその理由 / 転校生 / 博士とその弟子 / 冒険者 / 禁句その1 / ミッドナイト・トレイン / 回転画廊のみどりさん / 抱く順...

    日清のどん兵衛「どんぎつねの嫉妬 篇」

    日清のどん兵衛「どんぎつねの嫉妬 篇」

    • 出演:星野 源 / 吉岡 里帆
    • 放送地区:全国
    • 放送開始日:2017/10/01
    • メディア:TV
    • ストーリー:星野さんがどん兵衛の天ぷらそばを食べていると、湯気の向こうに、ぷくっと怒った顔のどんぎつね。どうやら、きつねうどんではなく、天ぷらそばを食べていることにご立腹の様子。サクサク美味...


    エンゼルパイ(8個入り)

    エンゼルパイ(8個入り)

    • メーカー:森永乳業
    • 商品重量:299g
    • メディア:食品&飲料
    • 商品説明:1961年発売以来、マシュマロ・ビスケット・チョコレートの絶妙なコンビネーションで多くのお客様に愛されてきたエンゼルパイ。やわらかいのに噛みごたえがあるから、楽しく食べてしっかり小腹が満たせます

    コメント(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。