So-net無料ブログ作成

猫のピーター [c a t 's c r a d l e]



  • LANGUIDEZ(Jam Music 2003)Jane Duboc
  • 空色を背景に白ネコの後ろ姿が写っているスリップ・ケースを引き抜くと、白いクッションに凭れかかった白いドレス姿の女性とカーペットに腹這いになった白ネコちゃんの2ショット「オリジナル・アルバム」(Aycha 1980)が現われる(6枚蛇腹折り歌詞カードと裏カヴァ、透明CDトレイにも白ネコの写真が載っている)。敢えてネコと女性の顔を見せないところがミステリアスで奥床しいネコードである。これがリイシュー・アルバム独自の特別仕様なのかどうかは不明だが、アルバムを手にしたネコ好きのワールド・ミュージック愛好家は正面の顔を見たくなるのではないかしら?‥‥ジャニ・ドゥボック(Jane Duboc)はブラジル・ベレン生まれの歌手。Djavan、Toninho Horta、Oswaldo Montenegro、Helio Delmiro、Luiz Avelarなどが参加したアルバムは80年代のMPB、ビッグバンド・ジャズ、フュージョン・サウンドまで愉しめる。殆どがカヴァだが、唯一の自作曲〈Meu Homen〉では彼女もギターを弾いている。

  • Mil NOCHES Y UN INSTANTE(DBN 2013)Pedro Aznar
  • 三日月の夜に1匹のネコが白いボーリングのピンや陶器のように直立している。白と藍とオレンジ色のシンプルなイラスト・カヴァからは月の砂漠や古代エジプトの猫女神バステト、アルバム・タイトルの「千夜と一瞬」は「千夜一夜物語」を連想させる。ペドロ・アスナール(Pedro Aznar)のライヴ・アルバムは2013年6月28日ブエノス・アイレス、グラン・レックス劇場のステージを収録。アルゼンチンの男女2人のSSW、Abel PintosとTeresa Parodiがヴォーカルで2曲ずつゲスト出演。前半は新曲とSpinetta、Daniel Toro、Chico Cesarなどのカヴァ。後半はThe Beatlesの〈Blackbird〉〈Strawberry Fields Forever〉〈Michelle〉〈I Am The Warlus〉〈Lady Madonna〉‥‥〈Good Night〉で終演する。全27曲を完全収録した映像版(2DVD)もリリースされているが、ヴォーカル(3声コーラス)とキーボード、ギター、ベースを1人で3回重ねて演奏する〈Because〉に仰天した。 CDには完成形(3回目)だけしか収録されていなかったのだ。

  • HOMELAND(Parlophone 2015)Hindi Zahra
  • 入居している「宮益坂ビルディング」の老朽化(築62年!)による建て替えのため、2016年1月中に退去することになった渋谷の「EL SUR RECORDS」。移転のための閉店セール(ALL30%OFF)でネコードを探索するが、前回訪れた時に目星をつけていたアルバムが見つからない。売れてしまったのかと気落ちして、他のワールド・コーナーを物色していたら「Morocco」で発見!‥‥いつの間にか「France」から世界ネコ歩きしていたのだ。CDサイズでは小さすぎて判別し難いけれど、半壊した家屋の前で黒いコートを纏った女性が白っぽいネコを両手で大切そうに抱いている。モロッコの被災地で保護されたネコだろうか。インディ・ザーラ(Zahra Hindi)はモロッコ・フリブガ生まれのベルベル人。15歳で学校を中退して父親の住むフランスに移住した。18歳の時にはルーヴル美術館の監視員をしていたという。マラケッシュで録音、パリでミックスした原点回帰の2rdアルバムです。

  • LOST TIME(Hardly Art 2016)Tacocat
  • ネコとタコ、哺乳類と軟体生物‥‥陸上と海中で別々に暮らす2種類の生物に共通点は何もなさそうだが、種・目・科の異なる2匹を強引に合体させてしまった想像上の動物が存在する。ボルヘスの「幻獣辞典」に載っているキマイラやケンタウロスみたいな合成獣。その名は「タコキャット」(Tacocat)、「オクトキャット」(Octocat)と呼ばれている猫頭蛸足の可愛らしいイラスト・キャラで、画家のヒグチユウコもキモ可愛いタコキャットを好んで描いている。Tacocatは米ワシントン・シアトルで結成された男女混成(男1女3)のパンク・バンド。メキシコ料理のタコス(tacos)とネコ(cat)の合成語らしい。2ndアルバムは20体以上の猫時計に彩られた「ネコード」である。猫時計になっているのはアルバム・タイトルに掛けたから?‥‥「SPACE」「TIME」と表記されたA・B面、地球を背景にしたメンバー4人の煌びやかな衣裳(裏カヴァ)、UFOのイラストなどから、米SFドラマ「宇宙家族ロビンソン」(Lost In Space 1965-8)を模していると思われる。

  • VARMINTS(Moshi Moshi 2016)Anna Meredith
  • 紺と黄色の丸い双眸、薄緑の矩形と青い逆三角形のマズル、赤い三角の耳と小さな横線の口と8本のヒゲ?‥‥白を背景にしてネコらしき謎の動物が描かれている。本当にネコなのかどうか自信が持てなかったが、カヴァ・イラストを描いたエレノア・メレディス(Eleanor Meredith)のサイトを見て、ネコに相違ないと確信した。アルバムEP《Jet Black Raider》(2013)のカヴァなどと共に、ネコのイラストが多数掲載されていたからだ。さらに驚いたのは「Cat Island」というイラストに、16匹ものカラフルなネコたちが描かれていたこと。しかも一際大きなネコの胴体には「Tashiro: CAT ISLAND」と書かれている。日の丸の旗を前肢で持っているネコの下に「TASHIRO IS A SMALL ISLAND OFF THE EAST COAST OF JAPAN」という英文もある。エレノア(アンナの姉妹?)は英国から遙々来日して、宮城県の田代島を訪れたのか、それともネットから得た情報なのか?‥‥いずれにしても彼女たちがネコ好きなのは疑う余地がない。

  • WHITE DEATH & BLACK HEART(Africantape 2011)Peter Kernel
  • ネコを真正面から撮るのは意外に難しい。カメラを構えた瞬間にソッポを向いたり、歩き出したりして目線を避けてしまうから。薄緑色の目が綺麗な黒ネコのカヴァ写真で、男性が両手で黒ネコの頭部を押さえているのも強ち演出ではないかもしれない。大人の手で捕まえていないと今にもカメラの前から逃げ出してしまいそうな、精悍で意志の強そうな面構えのネコちゃんだから‥‥。ピーター・カーネル(Peter Kernel)はスイスとカナダ人の男女混成ポスト・パンク・バンド。2ndアルバムはAris Bassetti(ギター、ヴォーカル)、Barbara Lehnhoff(ベース、ヴォーカル)、Ema Matis(ドラムス)のトリオ編成でレコーディングされているが、現在はドラムレスの男女デュオになったらしい。男性ヴォーカルは兎も角、女性のヴォイスはKathleen Hannaみたいに可愛い。仏頂面の女の子が服を1枚ずつ脱ぎ去る〈Panico ! This Is love〉のPVも見逃せません。

  • THE MUSICAL(Knertz 2012)Les Trucs
  • アルバム・カヴァの表と裏に渡る、淡いピンク色のテーブルの上に電動ミシン、白い煙を吐く赤や青緑のカクテル、コイルヒーターで沸いた湯の入ったコップ、カラフルな輪ゴム入りのパンチボール、黄色いロウソク、色鉛筆、黒いディッシュとカップ&ソーサー、ナイフ、フォーク、スプーンなどが並んでいる。アルミ製の皿にピースマーク・クッキーと白い輪(玉葱の輪切り?)が敷かれ、ネコの置き物(挽肉を固めたネコのようにも見えなくないが、石膏像を朱色に着色したものだろう)が載っている。2人前の料理が用意されたシュールな食卓に人気はない。Les Trucsは独フランクフルトを拠点に活動するZink TonsurとCharlotte Simonの男女デュオ。実験的なエレクトロ・ポップで、シンセサイザーを操作しながら英・仏・独語でシャウトするスタイルはパンクっぽい。2ndアルバムには〈I Like Cats〉という曲も収録されている。

  • THE COWBOY'S PRAYER(Other 2014)Mutual Benefit
  • ネコは動く対象に興味を示す。散歩中の犬や通行人、目の前を通り過ぎる自動車やバイク・自転車、空を飛ぶ鳥や羽虫、地面を這い回る昆虫や爬虫類、小動物‥‥風に舞う枯葉やヴィニール袋にも敏感に反応する。時にはボールやネコジャラシなど、自ら動かないものにも前肢で戯れて遊ぶ。パープル色の地に切り絵のシルエットのような黒いネコが浮游する紋黄蝶を見つめている(後ろ姿なので顔は見えないけれど)アルバム・カヴァもネコの習性を簡潔に表わしている。Mutual Benefitは米テキサス・オースチン出身のSSW、ジョーダン・リー(Jordan Lee)によるプロジェクト。本作は2011年にデジタル配信でリリースされた5曲入りEPのリイシュー盤である。エレクトロニクスやバンジョーの奏でるドリーミーで優柔なサウンドはネコと蝶々のアルバム・カヴァに良く似合う。〈招魂〉という日本語タイトルだけは不思議ですが。

  • CUP OF SAND(Huston Party 2003)Superchunk
  • Steve Albini録音のネコ・パンチ・アルバム《No Pocky For Kitty》(Matador 1991)に続く、Superchunkのネコード。弓矢の標的のような同心円の上で背中を丸めて眠っている黒ネコのアルバム・カヴァ。淡い色彩のイラスト画が気怠い午睡の夢を想わせる。左横に描かれている小鳥や鼠、蜥蜴、蛇、蜂、栗鼠、蛙、ネコの胎児などはネコの見ている夢に登場する動物なのかしら?‥‥。過去10年(1992-2001)に渡ってリリースしたシングルやB面曲、レア・トラック、未発表曲などを2枚に纏めた編集盤(2CD)。Adam Ant〈Beat My Guest〉、David Bowie〈Scary Monsters〉、Government Issue〈Blending In〉のカヴァを含む全25曲・88分。ブックレット(12頁)には歌詞の代わりに、メンバー4人(Jon Wurster、Jim Wilbur、Mac McCaughan、Laura Ballance)の自作解説を掲載。「猫ジャケ」に外れなし!‥‥Pitchforkでも高得点(8.4)を獲得にゃん。

  • THE COMFORTS OF MADNESS(4AD 1990)Pale Saints
  • ネコはゴムや草花、チーズなど、匂いの強いものに惹かれる性向がある。自動車やバイク、自転車などのタイヤやスニーカー、革靴、甘い薫りを放つ花に鼻を近づけて匂いを嗅いでいるネコの姿を見かけたことのある人は少なくないでしょう。Loveletter(Simon Turner)がカヴァしたThe Associationの〈Rose Petals Incense & A Kitten〉(1968)は薔薇の薫りに誘われた子ネコちゃんのことを歌った名曲。「ミャ〜〜〜オン、ブルブルブルブルブル‥‥」という可愛いネコの鳴き声(声色)に身の心も蕩けちゃうのだ。Chapterhouseの《Whirlpool》(Dedicated 1991)、Secret Shineの《Untouched》(Sarah 1993)など、ネコとシューゲイズは相性が良い(〈シューゲイザーの猫〉を参照)。緑色のシルエットのようなネコの横顔と紅い花弁が幻想的な雰囲気を醸し出しているアルバム・カヴァ‥‥「狂気のやすらぎ」のネコちゃんも赤い薔薇の薫りに陶然たる面持ちではないでしょうか。

                        *
    • お気に入りの「猫ジャケ」10枚を紹介するネコード・シリーズの第10集です^^;

    • 猫ジャケ100枚記念!‥‥自腹で購入したネコード(CD)の写真をアップしました

    • 右上のAnna Meredithから時計回りに、Tacocat、Superchunk、Pedro Aznar、Peter Kernel、Les Trucs、Mutual Benefit、Pale Saints、Hindi Zahra、Jane Duboc(中央)

    • アルバム・タイトル前の ◆ をクリックすると、拡大した「猫ジャケ」が見れます

    • 記事タイトルの右に一覧カタログのリンク・ボタン(黒猫アイコン)を付けました

    • 一覧リスト「猫どりすと」(猫盤100)を更新しました
                        *



    Languidez

    Languidez

    • Artist: Jane Duboc
    • Date: 2004/06/23
    • Label: Ward Records
    • Media: Audio CD
    • Songs: Que Outro Dia Amanheça / Cachoeira / Menino / Manuel O Audaz / Estrela Do Mar / Meu Homem / Languidez / Pára-Raio / Saudade / Avesso Do Avesso / Bonita / Paisagem Latina


    Mil Noches Y Un Instante

    Mil Noches Y Un Instante

    • Artist: Pedro Aznar
    • Label: DBN
    • Date: 2014/02/11
    • Media: Audio CD
    • Songs: Claroscuro / Perdon / Pensaba en Vos / Rio Secreto / Laura, la del Estero / El Otro Pais / Barro Tal Vez / Zamba para Olvidar / A Primera Vista / Blackbird / Strawberry Fields Forever / Michelle / I Am the Warlus / Lady Madonna / Because / Quebrado / Lisa / Good Night


    White Death & Black Heart

    White Death & Black Heart

    • Artist: Peter Kernel
    • Label: African Tape
    • Date: 2011/10/24
    • Media: Audio CD
    • Songs: Anthem Of Hearts / I'll Die Rich At Your Funeral / Hello My Friend / Panico! This Is Love / Tide's High / Captain's Drunk! / The Peaceful / We're Not Gonna Be the Same Again / Make, Love, Choose, Take / Want You Dirty, Want You Sweet / Organizing Optimizing Time


    Cup Of Sand

    Cup Of Sand

    • Artist: Superchunk
    • Label: Merge Records
    • Date: 2003/08/19
    • Media: Audio CD(2CD)
    • Songs: The Majestic / Reg / Her Royal Fisticuffs / The Mine Has Been Returned To It's Original Owner / A Small Definition / Dance Lessons / Basement Life / Still Feed Myself / Fader Rules / Never Too Young To Smoke / Detroit Has A Skyline (Acoustic) / Does Your Hometown Care?


    The Comforts Of Madness

    The Comforts Of Madness

    • Artist: Pale Saints
    • Label: 4AD
    • Date: 2007/07/31
    • Media: Audio CD
    • Songs: Way The World Is / You Tear The World In Two / Sea Of Sound / True Coming Dream / Little Hammer / Insubstantial / A Deep Sleep For Steven / Language Of Flowers / Fell From The Sun / Sight Of You / Time Thief

    コメント(0)  トラックバック(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0