So-net無料ブログ作成

猫のコズモ [c a t 's c r a d l e]



  • 「二時間ばかりずーっと砲撃されて、俺たちあの穴で伏せていたらジープのボンネットに猫が飛び乗ってきて俺がその猫撃っただろ。覚えてるか?」「ああ──なあ、クレイ、いいからその猫の話はよせよ。聞きたくない」「ああわかってる、たださ、ロレッタにそのこと手紙で書いたってだけでさ。そしたら心理学のクラス全員でそれについて議論したんだってさ。教室で。教授とかもしっかり入って」「けっこう。俺は聞きたくないんだよ、クレイ」「ああわかってる、でさ、なんで俺がいきなり猫めがけて撃ったか、ロレッタが何て言ったと思う? ロレッタがさ、あなたは一時的に狂気に陥っていたのよだってさ。ほんとだぜ。砲撃とかのせいで」汚れた髪を一度指で梳いてから、Xはまた目を覆って光をさえぎった。「おまえは狂気だったんじゃない。義務を果たしただけさ。あの状況下で、おまえは正々堂々男らしくあの仔猫を殺したんだ」クレイは疑わしげにXを見た。「何の話だよ?」「あの猫はスパイだったのさ。撃つしかなかったんだよ。すごく頭のいい小人のドイツ人が安物の毛皮をかぶってたんだ」
    J. D. サリンジャー 「エズメに──愛と悲惨をこめて」


  • GREEN COSMOS(Menlo Park 2005)Deerhoof
  • アヴァン・ポップを体現するDeerhoofの7曲入りEPは5曲が日本語歌詞。アルバム・タイトル、曲名、歌詞は日本語と英語が併記されている。国内盤《緑のコズモ》(Toad 2005)は紙ジャケ仕様だったが、輸入盤は白いトレイのジェルケースに薄緑色のCDが映える(12インチ盤もグリーン・ヴァイナル)。〈あひるを見においで〉〈緑のコズモ〉〈マララウマ〉〈うず巻くゴールデンタウン〉〈ミントの気球〉〈子猫〉〈ビュン〉という日本語タイトルを眺めているだけでも愉しい。サトミ・マツザキの高音ヴォイスは日本語で歌っても違和感がない。アルバム・カヴァはゴールデン・ゲート・ブリッジに猫や蟹、兎、豚などをコラージュしたイラストで、水色の球体やブラックホールらしきものも浮かび、インナー・スリーヴには2頭の鹿が描かれている。〈マララウマ〉(Malalauma)って一体何かしら?

  • THE BLACK PRINCE FURY & JET BLACK RAIDER(Moshi Moshi 2013)Anna Meredith
  • 2枚のEPをコンパイルしたCDアルバム。《The Black Prince Fury》(2012)のカヴァは蹄から炎を発して駆ける馬の写真、《Jet Black Raider》(2013)には赤と黄色の四つ足動物が描かれていたが、編集盤は後者のアートワークがカヴァに採用されている。水彩画の動物がネコに間違いないことはインナーに載っているネコの顔でも明らか(CD盤面には6頭の馬がプリントされている)。BBCスコティッシュ交響楽団のコンポーザーだったという経歴を持つアンナ・メレディスはエレクトロ・サウンドだけで生楽器のような疑似音像を創り出す。《Jet Black Raider》ではドラムス、グロッケンシュピール、チェロ、クラリネットも使用している。基本的にインスト・エレクトロ・ミュージックだが、ラストの〈ALR〉では可憐なヴォイスも披露する。デビュー・ソロ・アルバム《Varmints》(2016)も「猫ジャケ」だった。彼女もCarla Bozulichと同じくネコが大好きなのでしょう。

  • SUPERULTRAMEGAFLUUU(Natura 2015)Erika Machado
  • ミナス出身の女性SSW、エリカ・マシャードの3rdアルバムは子供たちのための「キッズ・ミュージック」。ブラジルの子供たちは幼少の頃から音楽とサッカーに馴れ親しんでいる。女の子がカメラを構えたイラスト・カヴァの《Bem Me Quer Mal Me Quer》(2009)はネオアコ系のインディ・ロックだったが、前作に引き続いてJohn Ulhoa(Pato Fu)のプロデュースによる新作はエレクトロ色が濃い。テクノ・ポップの〈Superultramegafluuu〉、ネコちゃんの鳴き声で始まるエレクトロ・ファンカデリックな〈O Lobo e legal〉、TVゲームの効果音も飛び交う〈Programa de Indio〉。キリン、ウサギ、メガネブタ、緑色のネコや妖怪モンスターのキモ可愛いイラスト・カヴァ。カラフルな歌詞ブックレット(16頁)にも動物や子供たちが溢れている。透明なCDジェルケースの中に入れて使う(振って音を鳴らす!)ピンク・青・緑・黄4色のビーズが付属。

  • HU HU HU(Sony Music 2009)Natalia Lafourcade
  • 《メキシコからこにゃにゃちわ》(Epic 2003)という変タイトルの日本盤が話題になったナタリアちゃんの2ndソロ・アルバム。デビュー・アルバムをリリースした時は18歳(録音時は17歳!)だったという早熟女子。作詞・作曲、ピアノやギターなども弾きこなす女性SSWなのだ。6年振りのソロ・アルバムではヒップホップ色の濃いラテン・ポップスから、アルゼンチン音響派〜エレクトロニカへ大変身?‥‥大山猫娘にコスプレしたアルバム・カヴァも新宿タイガーみたいにポップ&シュールで、アイドルおたくやラテン音楽愛好家だけでなく、ポスト・ロックを聴いている同世代の若者たちにもアピールしそう。アルバム・タイトル曲〈Hu Hu Hu〉はJulieta Venegasと共演。同じスペイン語圏のJuana Molinaなどの影響もあるのかもしれない。インストア・ライヴ(2010)はエレキ・ギターの弾き語りパフォーマンスでしたが、自分のヴォイス(コーラス)やギター・フレーズをサンプリング〜ループ化して重ねて行くループ・ペダルを操っていました。

  • IT'S LIKE YOU NEVER LEFT(Beat Goes On 2014)Dave Mason
  • デイヴ・メイスンの3thアルバム(CBS 1973)は「猫ジャケ」として名高い。最新デジタル・リマスター盤はアルバム・カヴァと同しデザインのスリップケースに入っている。前景左で肘掛け椅子に腰かけて両手でネコを抱き、後方右奥でソファーの上に座って煙草を喫う2人のデイヴ・メイスン‥‥このアートワークが凝っているのは壁面に架かった絵画という見立てで、ネコの尻尾や彼が履いているブーツ、右手前にある天球儀が額縁から飛び出すトリック・アート(騙し絵)になっているところ。トロンプ・ルイユの「猫ジャケ」なのだ。Dave Mason(ヴォーカル、ギター、シンセ)、Mark Jordan(ピアノ、オルガン)、Jim Keltner(ドラムス)という編成で、Graham Nash(ヴォーカル)、Chuck Rainey(ベース)、Stevie Wonder(ハーモニカ)などがゲスト参加。Son Of Harryという変名でスライド・ギターを弾いているのは一体誰にゃん?

  • WITH LOVE AND SQUALOR(Virgin 2005)We Are Scientists
  • 余り馴れていないネコを抱き続けるのは難しい。それも3人が同時に3匹のネコを抱こうとするのは無謀な行為だと言わざるを得ない。カリフォルニア・バークレーで結成された「科学者たち」のデビュー・アルバムはメンバー3人が3匹のネコ(灰黒縞、黒、白黒)を両手で掲げて各々の顔を隠しているが、裏カヴァ、インナー・スリーヴなどを含めて全8ヴァージョンも掲載されている。やんちゃなネコちゃんが撮影中に大人しく抱かれているはずもなく、ソッポを向いたり、目を瞑ったり、逃げ出そうと暴れたり‥‥右端の眼鏡をかけた科学者Chris Cainに至っては引っ掻かれたのか、黒い革手袋をしている写真もある(結果的に一番良く撮れたカメラ目線のネコ写真がアルバム・カヴァに採用されている)。ちなみにアルバム・タイトルはサリンジャーの短篇「エズメに──愛と悲惨をこめて」(For Esmé with Love and Squalor 1950)から採られてます。

  • NOT YOUR KIND OF MUSIC(Broken Horse 2012)Charles Douglas
  • チャールズ・ダグラス青年がヤク中時代(1995-99)に実家の地下室で録音していたというローファイ音源集。4枚のアルバム(アナログ2枚+カセット2本)、《The Burdens Of Genius》《The Spiders Are Getting Bigger》(1997)、《Minor Wave》(1995)、《Haunting & Daunting》(1999)を2CDにコンパイル。ギターやピアノ、シンセなどによる宅録(Tascam 8-track)は全67曲、2時間24分にも及ぶが、インディ・ロック、ネオアコ、ポップ、パンク、グランジ、ファンク、エレクトロ、ヒップホップなどヴァラエティに富んでいて最後まで飽きさせない。アルバム・カヴァは愛猫ミリーとの2ショット。フラッシュ撮影のためか、ネコの目が発光している。本人による自作解説ブックレット(24頁)付き。彼はBeckやDaniel Johnstonのようにミュージシャンとして脚光を浴びることはなかったけれど、オーヴァドースで死んだり、鬱病で自殺してしまったわけでもない。現在は作家テリー・マコーレー(Alex McAulay)という名前で執筆活動に勤しんでいるそうです。

  • UNTOUCHED(Saint Marie 2015)Secret Shine
  • ステージ上で身動きせずに俯いてギターを弾くことから「靴を見つめる」(Shoegaze)と揶揄されたシューゲイザー。ギター・ノイズの濃霧の中から囁くような消え入るような男女のヴォイスが聴こえて来る幻想的なサウンド。My Bloody Valentaineが完成させたスタイルは廃れるどころか地下水脈のように滔々と流れ続けて、ゼロ年代にニューゲイザー(nu-gazer, nu-gaze)として復活する。パンクやネオアコ、グランジなどと同じく、ロックの1ジャンルとして定着した。下を向いた姿勢が猫背になるのか、微動だにしない静閑な佇まいがネコを想わせるのか、シューゲイザーとネコは相性が良い。ネコの横顔が影絵のように浮かび上がるPale Saints、藍い背景に白いネコが蹲るChapterhouse‥‥英ブリストル出身のシューゲイズ・バンド、Secret Shineのデビュー・アルバム(Sarah 1993)もソラリゼーション化したパープル・アイ・キャットに彩られている。3匹目の「シューゲイザーの猫」がリマスターされてリイシュー(初CD化!)にゃのだ。

  • HASTA NUNCA(Jigsaw 2015)Sol Marianela
  • ベッドで眠っている赤毛の女性。背後の壁には彼女の肖像画や黒ネコ、UFO、トナカイなどを描いた絵が貼られ、鍵盤の上にも白ネコのイラストが立て掛けられている。女性の見ている夢なのだろうか、ベッドの奥にネコと彼女自身と思しき白いシルエットが幽体離脱のように浮かび上がる。カヴァ・アートを仔細に見れば、ギターやラジカセ、戸棚、三角旗、ベッド、椅子、キーボード、靴、カメラ、絵、本棚などのある女の子の部屋が描かれたものではなく、立体的に作られたミニチュアであることが分かるだろう。透明トレイから薄緑色のCDを外すと、ネコと彼女の白いシルエットが大きな「招き猫」に置き換わっているのだ。アルゼンチンの女性アーティストによるデビュー・アルバム(2014)を米シアトルのインディ・レーベルが再発。飾り気のない素直なヴォーカルと瑞々しいギターのポップ・アルバムで、嬉しいことに〈Mi Gato〉(私の猫)という曲も収録されている。

  • STAR WARS(Anti 2015)Wilco
  • 期間限定の無料配信(MP3)をツイッター上で突然発表したWilcoの9thアルバム。早速フリー・ダウンロードした人も大勢いたかもしれませんが、フィジカル・アルバムを待っていた猫ジャケ・ファンも少なくなかったはずです。全11曲、34分に満たない小品ながら、ノイジーなギター・サウンドが渦巻く。見開き紙ジャケ仕様のアルバム・カヴァには黒い花瓶に挿した淡いピンク色の花を背負った優美で気品溢れる白ネコが描かれている。これぞ「猫ジャケ」と呼ぶべき正統派ネコード。Jeff Tweedyによると、ロフトの台所に架けてあった絵だという。しかし、これだけで終わらないのが一癖も二癖もあるWilco。「Star Wars」というネコの絵とは真逆の文脈に置かれた(recontextualized)アルバム・タイトルを付けただけでなく、歌詞ブックレット(12頁)のセンター・ホールドにはアルチンボルド風のサイケデリックで妖しい「騙し絵」(DeepDream)と化した2匹のネコが描かれています。

                        *
    • お気に入りの猫ジャケ10枚を紹介する「ネコード」シリーズ第9集です^^

    • アルバム・タイトル前の ◆ をクリックすると、拡大した「猫ジャケ」が見れます

    • 《Untouched》は「シューゲイザーの猫」から転載しました(一部加筆・改稿)

    • 記事タイトルの右に一覧カタログのリンク・ボタン(黒猫アイコン)を付けました
                        *



    Green Cosmos

    Green Cosmos

    • Artist: Deerhoof
    • Label: Menlo Park
    • Date: 2005/06/28
    • Media: Audio CD(EP)
    • Songs: Come See The Duck / Green Cosmos / Malauma / Spiral Golden Town / Hot Mint Air Balloon / Koneko Kitten / Byun


    Black Prince Fury / Jet Black Raider

    Black Prince Fury / Jet Black Raider

    • Artist: Anna Meredith
    • Label: Moshi Moshi
    • Date: 2013/11/12
    • Media: Audio CD(2EP)
    • Songs: Unicorn / Bubble Gun / Orlok / Alr / Nautilus / Rhodedendron / Never Wonder / Orca


    Hu Hu Hu

    Hu Hu Hu

    • Artist: Natalia Lafourcade
    • Labe: Sony Music Import Argentina
    • Date: 2009/09/15
    • Media: Audio CD
    • Songs: Cursis Melodias / No Viniste / Siempre Prisa / Tiempo al Viento / Let's Get Out / Hu Hu Hu / Ella Es Bonita / Nino Hojas / Running Too Fast / Azul / Hora de Compartir / Lugar Para Renacer / Look Outside


    Hasta Nunca

    Hasta Nunca

    • Artist: Sol Marianela
    • Label: Jigsaw Recordings
    • Date: 2015/07/10
    • Media: Audio CD(CD-R)
    • Songs: Los Novios / Guardarropas / Porno De Chicas / Tendran Sus Razones / Mi Gato / El Poder De La Cancion / Interludio / Ramitas / Metodologia De Escape / Las Bandas Que Escucho / Los Amigos No Son Para Siempre / Hasta Nunca


    Star Wars

    Star Wars

    • Artist: Wilco
    • Label: Anti
    • Date: 2015/08/21
    • Media: Audio CD
    • Songs: EKG / More... / Random Name Generator / The Joke Explained / You Satellite / Taste The Ceiling / Pickled Ginger / Where Do I Begin / Cold Slope / King Of You / Magnetized

    コメント(0)  トラックバック(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0