So-net無料ブログ作成
f a v o r i t e s ブログトップ
前の1件 | -

素敵なキャット・ソングズ [f a v o r i t e s]

  • ○ Fat Cat(Warner Bros. 1980)Bootsy


  • ニュー・ウェーヴの大波に呑まれて失職したBootsy Collinsは髪型を「ウルトラ・ウェイヴ」に変えて再チャレンジする。トレードマークの星形眼鏡を黒いサングラスに替え、シルクハットを手にして。初のソロ名義アルバム《Ultra Wave》に収録されている〈Fat Cat〉はBootsyのヴォーカルと女性コーラス隊(Godmoma、Brandy、Parlet)が掛け合い、次々とネコパンチを繰り出す。奔放なベースが宙を駆け巡り、サックスやシンセが飛び交う。間奏でミャウミャウと鳴く声色も愉しい。



  • ○ Big Electric Cat(Island 1982)Adrian Belew


  • Talking Head、King Crimsonへの参加や加入で注目を集めたAdrian Belewのソロ・デビュー・アルバム《Lone Rhino》は犀とのツーショット・カヴァ。ギターで象や犀のようにネコの鳴き声を出しているわけではないが、テープの逆回転を効果的に使ったサイケデリックなキャット・ソングになっている。PVには19年後の多発テロで崩落することになるワールド・トレード・センターや黒ヒョウ(女性)、ライオン、黒ネコなどが登場する。A面1曲目なので、アナログ盤は特に音が良い。



  • ○ The Lovecats(Fiction 1983)The Cure


  • The Cureのシングル・ヒット曲にして、洋楽キャット・ソングの定番曲。Robert Smithはオーストラリア人作家パトリック・ホワイトの小説「The Vivisector」(1970)にインスパイアされて書いたという。猫屋敷に足を踏み入れると、室内でThe Cureが演奏しているPVも最高にゃん。Robert Smithもメンバーたちも半猫人間と化している。アルバム未収録のシングル・コンピ盤《Japanese Whispers》に収録された。The Cureには〈All Cats Are Grey〉というネコ・ソングもある。



  • ○ Copy Cat(Uncle Jam 1983)P-Funk All Stars


  • 「コピー・キャット」(copycat)は「真似っ子」という意味。〈Atomic Dog〉(1982)で一発当てたGeorge Clinton総帥が柳の下の泥鰌ネコを狙ったのか、それとも〈Fat Cat〉のコピー・キャットなのか?‥‥〈Atomic Dog〉の一節も引用しているし、共同プロデューサとして名を連ねているBoostyがヴォーカルとギターで参加。〈Fat Cat〉の牝ネコに負けず劣らずミャオミャオと鳴く雄ネコたちが騒がしい。P-Funk All Starsの《Urban Dancefloor Guerillas》に収録されている。



  • ○ Rocket's Tail(EMI 1989)Kate Bush


  • タイトルに「Cat」や「Kitten」が入っていれば容易に分かるけれど、「ロケットの尻尾」ではネコの歌とは気づかないかもしれない。ロケット(Rocket)はKate Bushの飼いネコの名前。フォクすけ(Firafoxのキツネ・キャラ)みたいな黄色いシッポなのかしら。トリオ・ブルガルカとのコラボは「共演」というような生温い関係ではなく、ケルト民族の末裔とマケドニアの魔女たちの燃えたぎる闘いのようにも聴こえる。音楽や文化の違いを慮れば「ロケット空中戦」の様相も呈して来る。



  • ○ Rose Petals Incense & A Kitten(Siesta 1999)Loveletter


  • あのルクセンブルグ王(The King Of Luxembourg)が「ミスター・ラヴレター」と名前を変えて還って来た。スペイン(Siesta)からのリリースだが、盟友Louis Philippeが仏レーベル(El)のサウンドを完璧に再現。《Beethoven Chopin Kitchen Fraud》はQuincy Jones、Syd Barret、The Bee Geesなどのカヴァ・アルバム。Simon Fisher TurnerはThe Associationのオリジナル(1968)にはない子猫の鳴き声(声色)を入れて愛猫を回想する。ミャーオ、ブルブルブル‥‥。



  • ○ Cat On The Wall(Island 2004)PJ Harvey


  • 「壁の上のネコ」というタイトルは比喩としての表現である。ラジオを鳴らす。ラジオで聴いた私たちの音楽。あなたのことを考える。サウンドが頭から離れない。あなたの電話の声を再生する。あなたが愉しんでいるようなサウンド。真昼の太陽の中へ出る。夜、散歩に出て、頭をクリアにする。まだラジオは私たちの音楽を流している。あなたは私を壁の上のネコのようにジャンプさせた。夢の中でラジオを再生する。17歳の私へ連れ戻す。台所で輪になって踊る。この曲を限界まで演奏する。



  • ○ Triumph Of A Heart(One Little Indian 2005)Bjork


  • ミャ〜ミャ〜と鳴く声帯模写がネコっぽいなぁ‥‥と思っていたら、PVにもネコが出て来た。ネコ亭主との倦怠期。ベッドから抜け出し、車で外出した妻(Bjork)は一晩中、街の酒場で遊び仲間たちと真夜中のアカペラ合唱、バカ騒ぎに興じる。歩いて朝帰りする途中、ネコが車で迎えに来た。宙に舞い飛ぶピンクのハート、踊るネコちゃん‥‥Bjorkがキスすると等身大のネコ男に変身して一緒に踊り出す。ネコ好きには堪らないPVでしょう。監督はスパイク・ジョーンズ(Spike Jonze)。



  • ○ Le Chat du Café des Artistes(Because 2009)Charlotte Gainsbourg


  • 〈アーティストたちのカフェの猫〉は3rdアルバム《IRM》に収録されている。Beckが全面プロデュース、全12曲を書き下ろしたアルバムの中で、唯一仏語で歌っているカヴァである。カナダ生まれのSSW、ジャン=ピエール・フェルラン(Jean-Pierre Ferland)のオリジナル(1970)をCharlotteがカヴァしたのには特別な思い入れがあったからだという。「私が死んだら猫に食べさせて。カフェの猫として存在していられるように」‥‥ギターとヴァイオリンが不穏に響く沈鬱なサウンド。



  • ○ Goose Snow Cone(SuperEgo 2017)Aimee Mann


  • Aimee Mannがアイルランドのツアー中、雪の降る寒い日に書いた曲。友人が飼っているのは鵞鳥ではなく、グースという名前のネコである。インスタにアップされたグースの写真を見てホームシックになったという。彼女の飼主(Rob & Puloma)が監督したPVにはプロマ本人とグース、獣医も出演している。旅行から帰宅したプロマと抱き合うAimee Mann。女友達の留守中に世話をしていたグースの具合が思わしくない。キャリーケージに入れて、動物病院へ連れて行くというストーリです。


                        *

    「猫ジャケ」(ネコード)があるように、「猫ソング」もある。手持ちの洋楽アルバム(レコードやCD)を調べれば、ネコ(CatやKitten)をタイトルにした曲やネコをテーマにした曲の数々が見つかるかもしれないけれど、データベース化していないので全てを網羅するのは難しい。ところがネット時代になってから、この種の検索・調査はネコにも出来るくらい簡単で容易になった。たとえばGoogleで「cat songs」と入力すると、50曲以上のネコ・ソングズがYouTubeのサムネイル付きで列挙される。ミュージック・サイトや個人ブログでもベスト10やトップ20などをリストアップしている。その中でも〈What’s New Pussycat?〉Tom Jones、〈Year Of The Cat〉Al Stewart、〈Cat Scratch Fever〉Ted Nugent、〈Cool For Cats〉Squeeze、〈Honky Cat〉Elton John‥‥は定番のネコ・ソングである。スニンクスでは毛色の変わったネコちゃんを紹介したい。過去の記憶を呼び起こして、素敵なキャット・ソングズ(10曲)を選んでみた。

                        *
    • 曲タイトルはAmazon.com、カヴァ画像はYouTubeにリンクしています

    • 〈Fat Cat〉〈Copy Cat〉は『P-FUNK』(河出書房新社 2011)を参照しました

    • 「ネコード」から〈Triumph Of A Heart〉(DVDシングル)を移動させました^^;
                        *





    Ultra Wave

    Ultra Wave

    • Artist: Bootsy
    • Label: Collector's Choice
    • Date: 2007/10/16
    • Media: Audio CD
    • Songs: Mug Push / F-Encounter / Is That My Song? / It's a Musical / Fat Cat / Sacred Flower / Sound Crack


    Japanese Whispers

    Japanese Whispers

    • Artist: The Cure
    • Label: Polygram UK
    • Date: 1998/10/20
    • Media: Audio CD
    • Songs: Let's Go To Bed / The Dream / Just One Kiss / The Upstairs Room / The Walk / Speak My Language / Lament / The Lovecats


    Urban Dancefloor Guerillas

    Urban Dancefloor Guerillas

    • Artist: P-Funk All Stars
    • Label: Sony
    • Date: 1989/12/19
    • Media: Audio CD
    • Songs: Generator Pop / Anupuncture / One Of Those Summers / Catch A Keeper / Pumpin' It Up / Copy Cat / Hydraulic Pump / Pumpin' It Up (Reprise)


    Sensual World

    Sensual World

    • Artist: Kate Bush
    • Label: Sony/Columbia
    • Date: 2008/02/01
    • Media: Audio CD
    • Songs: The Sensual World / Love And Anger / The Fog / Reaching Out / Heads We're Dancing / Deeper Understanding / Between A Man And A Woman / Never Be Mine / Rocket's Tail / This Woman's Work


    Uh Huh Her

    Uh Huh Her

    • Artist: PJ Harvey
    • Label: Iris
    • Date: 2004/06/02
    • Media: Audio CD
    • Songs: The Life And Death Of Mr. Badmouth / Shame / Who The Fuck? / Pocket Knife / The Letter / The Slow Drug / No Child Of Mine / Cat On The Wall / You Come Through / It's You / The End / The Desperate Kingdom Of Love / Seagulls / The Darker Days Of Me & Him


    IRM

    IRM

    • Artist: Charlotte Gainsbourg
    • Label: Elektra / Wea
    • Date: 2010/01/26
    • Media: Audio CD
    • Songs: Master's Hands / IRM / Le Chat Du Café Des Artistes / In The End / Heaven Can Wait / Me And Jane Doe / Vanities / Time Of The Assassins / Trick Pony / Greenwich Mean Time / Dandelion / Voyage / La Collectionneuse


    Mental Illness

    Mental Illness

    • Artist: Aimee Mann
    • Label SuperEgo Records
    • Date: 2017/03/31
    • Media: Audio CD
    • Songs: Goose Snow Cone / Stuck In The Past / You Never Loved Me / Rollercoasters / Lies Of Summer / Patient Zero / Good For Me / Knock It Off / Philly Sinks / Simple Fix / Poor Judge

    コメント(0) 
    前の1件 | - f a v o r i t e s ブログトップ