So-net無料ブログ作成
p a l i n d r o m e ブログトップ
前の1件 | -

改竄は犯罪か? [p a l i n d r o m e]



  • 1959年10月2日、ミサイル調査研究所に勤める技術者ハミルトンは休職を迫られた。妻マーシャが共産主義者ではないかという疑惑が立ったのだ。反共産運動が激しい時代である。/ その日、カリフォルニアのベルモントにあるベヴァトロン陽子ビーム偏向装置が初めて作動した。しかしビーム偏向装置はトラブルを起こし、ガイドと一般見学者、合わせて八人が六十フィート下に叩き落された。ハミルトンとマーシャ、マーシャを疑った保安警察の責任者もその中にいた。彼らは奇跡的に軽症で済んだが、目覚めた後の世界は現実とは異なっていた。「バーブ教」という不可思議な宗教に支配されていたのだ。人々の思想だけではない。世界のすべて、物理法則さえもバーブ教の教義そのものになっていたのだ。科学がそっくり宗教に置き換えられている。/ 何かが違う。異世界に飛ばされた直後の、ねっとりした違和感は次第に消えていく。法則を知ればうまくやることも可能だった。神に祈れば、神がその祈りを判断し基準に沿って適正に叶えてくれる世界なのだ。
    西田 藍 「虚空の眼」解説


  • ⃞ 西田藍、あの素晴しい恋路、ラパスの愛、あたしに‥‥
    南米ボリビアの首都ラパスは美しい景観で有名である。標高3600mの高地。アンデス山脈の擂り鉢状の盆地に建ち並ぶ街並みと背後に聳え立つワイナ・ポトシとイリマニ山。初めてラパスを訪れた西田藍は信じられないほど幻想的な光景に魅了された。気分良く市街を散策していたが、次第に動悸が早くなって来た。「雲の上の町」と呼ばれるラパスは空気が薄いので、酸素も少ない。これが高山病の初期症状なのかと思う間もなく、意識を失って道端に倒れ込んでしまった。気がつくと、1人の青年が心配そうな表情で見つめている。青年から手渡された携行用の酸素スプレーを吸い込むと呼吸が楽になった。横たえた体をゆっくりと起こして立ち上がると、眩暈や吐き気は嘘のように消えていた。雲1つ浮んでいないラパスの青空のように気分も晴れ晴れする。好青年の案内でラパスを観光した愉しい思い出は今でも忘れられない。

    ⃞ 椎茸は美味しい。御飯は恋しい、お化け退治
    「香り松茸、味しめじ」という諺があるけれど、あたしが一番好きなキノコは椎茸です。あの独特の匂いが嫌いという人少なくないけれど、白米との相性が抜群で、炊き込みご飯や五目寿司などには欠かせない具だと思います。あたしの大好きな椎茸料理は「しいたけのあまから」。椎茸の竜田揚げ(片栗粉をまぶして油で揚げる)に醤油、砂糖、味醂を絡めただけなのに、御飯が進むこと請け合い。実家で子供の頃から食べていた定番の家庭料理なの。食べ過ぎて、餃子を食べた人が口臭を気にするように、あたしの体が椎茸臭くなっていないかしらって心配するほど。お腹一杯食べた夜、夢の中に椎茸のお化けが出て来たこともあったわ。もちろん速攻で退治して、甘辛漬けにして食べちゃいました。マジック・マッシュルームを食べたアリスのように、体の大きさが伸び縮みはしなかったけれど。

    ⃞ 手縫いだ気合いだ。ワンワン、話題、秋田犬で
    平昌冬季オリンピックで女王エフゲニア・メドベージェワを僅差で上回って金メダルに輝いたアリーナ・ザギトワ選手(15歳)。エキシビションでは妖艶な虎柄のコスチュームを身に纏って観客の度肝を抜いたが、リンクを離れればリラックマやキティちゃん好きの少女である。メドベージェワと同じく、親日家のザギトワちゃんは動物も大好き。ネコと2匹のチンチラを飼っているという。試合前、母親に秋田犬が飼いたいと強請っていた。新潟市内で強化合宿中に見た雑誌に載っていた秋田犬の写真を気に入ったらしい。好成績を残せた(メダルを取った)ことで、願いが母親に聞き入られたと試合後のインタヴューで語っていたが、彼女のリクエストに応えるかたちで、公益社団法人・秋田犬保存会が秋田犬を贈呈することになった。ザギトワが命名した名前は雌犬なのに「マサル」‥‥日本語で「勝利」という意味の「勝る」。「マサル」よりも「マサリ」の方が女の子っぽいけれど、「男勝り」に育ってしまうかもしれません。

    ⃞ 2時、映画館満員、マンガ家、家路に
    マンガ家のB氏は早目に仕事を切り上げて、渋谷の映画館へ向かった。全米で大ヒットしている映画「ブラック・パンサー」(Black Panther 2018)を観るために。マーベルコミック史上初の黒人ヒーローの実写特撮版という以上に、映画の大ヒット効果で、動物保護施設から黒猫を引き取るアメリカ人が急増しているというニュースに興味を惹かれたからだ。B氏も黒ネコを飼っているが、黒豹を連想したことはことは1度もない。同じネコ科の動物でも黒豹と黒猫では大きさも顔つきも全然違うからだ。シークリット・ヌーメスがマーモセットの視点で描いたヴァージニア・ウルフの擬似半生記「ミッツ」の中で、ロンドンの街角に故郷の南アメリカと同じ黒豹がいたことに驚く場面があった‥‥「確かに、あの豹だ。黒い毛、トパーズ色の目、だがひどく小柄になってしまった。クモザルほどに縮んでしまったではないか」。愉しみにしていたのに満員で入場出来ず、B氏は肩を落として家路に着いた。

    ⃞ 雪靴は火の粉、熱‥‥「ネコの日バッグ」 消ゆ
    今年の2月22日は前夜から降り出した大雪で、都内の交通網は大混乱となった。電車は軒並み運休、バスやタクシーも立ち往生。滑って転倒する歩行者も続出し、積雪が原因とみられる交通事故も相次いだ。ニャン・ニャン・ニャンの「猫の日」には毎年、輸入食料品ショップKで「ネコの日バッグ」が限定販売される。ネット通販は瞬時に完売してしまうので、確実に入手するには実店舗で購入しなければならない。防寒コートに長靴、帽子にマフラー、手袋、毛糸のパンツなどで完全装備して、いつもよりも早目に出かけたのに、電車もバスも運転見合わせで動いていない。仕方がないので、最寄りのKまで二駅を歩くことにした。転ばないように慎重を期して歩いていたけれど、焦る気持ちは抑えられず、気がついた時には駆け出していた。案の定、雪道で転倒!‥‥左足首を捻挫(それとも骨折?)してしまったのか、靴の中は激痛と発熱で燃え盛る火の粉の中を歩いているようだった。2時間後、足を引き摺りながら漸く店舗に辿り着いたが、「ネコの日バッグ」は1個も残っていなかった。

    ⃞ 飛び板に尻込み、縮み凝り、死にたい人?
    高所恐怖症の私は児童公園の滑り台やジャングルジムも苦手だった。遊園地のジェットコースターも観覧車も大嫌い。死の恐怖と隣り合わせのバンジージャンプなどは以ての外。出来ることならば旅客機にも乗りたくない。高いところよりも低いところが好きなの。地下街や地下鉄‥‥イザベル・アジャーニが主演した映画「サブウェイ」(Subway 1985)の世界観に惹かれた。シェルターや地底世界のような地下生活に憧れたこともある。水中遊泳も好きなので、登山やワンダーフォーゲルなどの高地とは無縁の水泳部に入ったのだが、新部員歓迎会の余興で「高板飛び込み」をさせられるとは寝耳に水である。10mの高さからプールを見下ろすと、今にも吸い込まれそうで目が眩む。及び腰で尻込み。体は震え、縮み上がって凝り固まる。断崖絶壁や高層マンションから飛び降り自殺する人の気が知れない。私ならばヴァージニア・ウルフやシルヴィア・プラスのように入水自殺を選ぶわ‥‥と、もう倒錯した自殺志願者の心境である。

    ⃞「虚空の眼」が見た北見、亀の浮く湖
    ハルミンが握りしめた大きな黒い傘にオファレル神父が聖水を振りかけた。神父が聖書の一節を唱えると傘が震えて上昇し始めた。メリー・ポピンズのように空中を浮游する。黒い雲を突き抜けて、眼下に地球を見下ろす。太陽が地球の周りを回っていた。ハルミンの頭上に「天国」が現われた。「混乱する視野。円形の連続物のようなもの、曖昧模糊とした霧に煙る景色のようなもの。池だろうか。大洋だろうか。巨大な湖だった。水が渦を巻いている。その向こうには山脈。果てしない森の広がり」‥‥しかし、それは海や湖などではなく、マグリットの〈偽りの鏡〉のような「虚空の眼」だった。眼が傘を見据えると燃え上がり、ハルミンは隕石の速度で地上に落下した。凄まじい衝撃で意識を失ったハルミン‥‥広野に倒れ込んでいた彼女が目醒めると、眼前に広大な湖が拡がっていた。そこは北海道北見市、幻のアカミミガメが生息しているというサロマ湖だった。

    ⃞ 宵は闇下る渡し舟、伏した悪巧みヤバいよ
    仄暗い暗渠を下って行く黒い小舟。呉越同舟なのか、同床異夢なのか、渡し舟には4人の男女‥‥3人の男たちと1人の女が同乗していた。1組の夫婦A・A'と彼らの2人の友人KとK'。K氏は某学園の理事長(総長)で、夫Aとは「腹心の友」と呼び合うほど仲が良い。もう1人のK'氏も某学園の理事長で、夫人A'は学園の名誉校長を務めている。新たに獣医学部の新設を計画しているK氏と、同じく私立小学校を開校しようと画策しているK'氏。ダブルK氏は文科省の新学部認可と財務省との「国有地を払い下げ」交渉が有利に運ぶように、薄暗い船内でA・A'夫妻と密談でもしているのだろうか。A'夫人がSNSに投稿した「男たちの悪巧み」という惹句は意味深長‥‥書き忘れたが、A・A'夫妻は某国の総理大臣と夫人である。4人が乗った舟が流れて行き着く先は一体どこなのか?‥‥国民の憤怒と怨念が塗込められた黒い泥舟なので、川下りの途中で沈没してしまうかもしれませんが。

    ⃞ 公文書改竄破棄犯罪化余燼風後
    近畿財務局による公文書改竄事件。一部の職員が独自の判断で行なったことなのか、財務省から命じられた組織ぐるみの犯罪なのか。財務官僚たちが忖度したのか、それとも政治家からの圧力があったのか。そもそも誰が何の目的で改竄を指示したのか?‥‥前代未聞の事件の真相は未だに解明されていない。文書は全て破棄したという答弁を国会で繰り返した財務省理財局長は「適材適所」で国税庁長官に栄転したが、朝日新聞のスクープ記事で財務省の公文書改竄が発覚するや否や急転直下‥‥辞任・辞職して私人となった。今後、野党の追及で真相が究明されるかどうかは兎も角、黒い靄のようにモヤモヤと膨れ上がった政権への疑惑や不信が一掃されることはないだろう。風が吹き去った後に一体どのような風景が立ち現われるのかを国民は固唾を呑んで注視している。

    ⃞ 毛並み、出遭い頭クマ噛む。鎌倉市外、当て身投げ
    ギース・ハワードの対戦相手はクマだった。久々に来日したギースは古武術の師匠と会うために鎌倉市外を歩いていた。すると突然ギースの目の前に突然獰猛なクマが現われたのだ。獣臭い匂いを放つ茶色い毛並みが視界を遮った。凄まじい咆哮と鋭い牙と爪で威嚇する‥‥不意を衝かれたギースはクマに頭を噛まれてしまった。クマの攻撃は強力なので、間合いを空けて反撃するのが鉄則だ。烈風拳、不動拳、疾風拳、邪影拳、雷轟烈風拳 、レイジングストーム、デッドリーレイブ、羅生門!‥‥と必殺技、超必殺技を繰り出す。しかし、クマは想像以上に手強かった。ギースは奥の手を出さざるを得なかった。相手の攻撃を受け止めて投げる「当て身投げ」である。鉄拳トーナメントに参戦することになった悪のカリスマ、ギース・ハワード。鉄拳トーナメントに新参戦した豪鬼やノクト(Noctis Lucis Caelum)との対戦が今から愉しみである。

                        *
    • 回文と本文はフィクションです。一部で実名も登場しますが、該当者を故意に誹謗・中傷するものではありません。純粋な「言葉遊び」として愉しんで下さい

    • 文中の引用文はフィリップ・K・ディックの『虚空の眼』 (東京創元社 1999) から

    • 「しいたけのあまから」やアリーナ・ザギトワのインタヴューなどを参照しました

     スニンクスなぞなぞ回文 #51

     村上春樹◎▽◇△う△◇▽◎きる食み絡む

     回文作成:sknys

     ヒント:お正月に緊急搬送?


                        *


    サンリオSF文庫総解説

    サンリオSF文庫総解説

    • 編者:牧 眞司・大森 望
    • 出版社:本の雑誌社
    • 発売日: 2014/09/18
    • メディア:単行本(ソフトカバー)
    • 目次:はじめに 大森望 / サンリオSF文庫の伝説 山野浩一インタビュー ・聞き手 大森望 /『NW-SF』とサンリオSF文庫の青春 沼野充義 / サンリオSF文庫、天国と地獄について 鏡 明 / 大恩あるシリーズ 山形浩生 / サンリオとの十年 大瀧啓裕 / 私とサンリオSF文庫 ーとっても個人的な昔話 ー 大野万紀 / サンリオ文庫の回し者 水鏡子 / 以下続刊ベスト10冊


    SUBWAY

    SUBWAY

    • 出演:イザベル・アジャーニ / クリストフ・ランベール / ジャン=ユーグ・アングラード / リシャール・ボーランジェ/ ジャン・レノ
    • 監督:リュック・ベッソン
    • メーカー:角川映画
    • 発売日:2010/09/24
    • メディア:Blu-ray


    鉄拳7 ギース・ハワード(Geese Howard)

    鉄拳7 ギース・ハワード(Geese Howard)

    • 格闘スタイル:古武術
    • 国籍:アメリカ
    • メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
    • 発売日:2017/11/30
    • メディア:Video Game
    • Story:ハワード・コネクションの総帥にして、サウスタウンを裏で支配する最高権力者。日本の古武術に精通し、相手の攻撃を受けて投げる「当て身投げ」を得意とする。悪のカリスマとして圧倒的な存在感を放つ

    コメント(0) 
    前の1件 | - p a l i n d r o m e ブログトップ