So-net無料ブログ作成
検索選択
m u s i c ブログトップ
前の1件 | -

モノクロ・セット [m u s i c]



  • 母は、花の密に寄って来る蜜蜂のことを──胴体に短い毛の生えている縞があるせいで──虫の猫とふざけて呼ぶので私はクスクス笑う。大きくて黒い獰猛な蜂のことを熊ん蜂というくらいなのだから、猫蜂がいたって不思議はないし、それに、花の蜜を吸うために花弁の中にもぐり込んでいる蜂を近くでじっと見ていると、黒と黄色の縞柄の腰をリズミカルに左右に揺らしていて、それは猫が狩の獲物──と言っても、町中に住んでいる猫が狩るのは、スズメや大きくても鳩だが──に狙いを定めて体をぴったり地面に伏せて相手に見つかりにくい体勢をとって、眼光鋭くお尻だけをもぞもぞと動かしてリズムを刻んで、跳びかかるタイミングを計っている時の腰の振り方によく似ていると言い、猫のつもりなのか蜂のつもりなのか、どちらかを真似て、白いエプロンの紐が花結びになって垂れているグレーのタイト・スカートをはいた太っているというのではないけれど、丸くてしっかりした腰を振って笑う。
    金井 美恵子 「廃墟の旋律」


  • ◎ Cuidado Madame(Ponderosa 2017)Arto Lindsay
  • 《Salt》(Righteous Babe 2004)以来、実に13年振りのソロ・アルバム。長いインターヴァルを感じさせないのはTonoやLourenco Rebetezなどのプロデュースが記憶に鮮明だから。ノン・チューニング・ギター(チューニング出来ないくらい耳が良い?)とブラジル音楽の融合アヴァンポップを体現・体感する音楽で、Simon Fisher Turnerにも相通じる甘美なヴォーカルに魅惑される。ドラムンベース風の〈Grain By Grain〉、9拍子の〈Ilha Dos Prazeres〉、ノイズ・ギターが炸裂する〈Unpair〉、Marisa Monteと共作した〈Pele de Perto〉など全11曲・38分。日本先行発売(P-VINE)から遅れること3カ月!‥‥米インディーズ(Northern Spy records)からのリリースだったが、入手した紙ジャケ仕様のイタリア盤(Ponderosa)には収録されていないボーナス・トラック名〈Nobody Standing In That Door〉が歌詞カードに記載されている。
  • ◎ Kelly Lee Owens(Smalltown Supersound 2017)Kelly Lee Owens

  • ◎ Party(4AD 2017)Aldous Harding
  • オルダス・ハーディング(Aldous Harding)はニュージーランド・リトルトン出身の女性SSW。彼女のヴォーカルとピアノ、ギター、John Parish(prod.)のピアノ、ギター、シンセ、ドラムス、イタリア人マルチ奏者Enrico Gabrielliのバス・クラリネット、サクソフォン、ローズ・ピアノという3人編成で、「ゴシック・フォーク」と自称するサウンドを奏でる。フレンチ・ポップスみたいに可愛い〈Blend〉、エキセントリックな少女っぽいヴォーカルの〈Party〉、挿入される少女たちの叫び声が強烈な〈Imagining My Man〉、ピアノの伴奏で強靭なヴォイスを披露する〈Horizon〉、Mike Hadreas(Perfume Genius)とデュエットした〈Swell Does The Skull〉‥‥怖そうな顔からは想像し難い変幻ヴォイスは狂気も内に秘めている。2丁拳銃のセクシー・カウガールに扮したAldous Hardingが仏頂面で踊る〈Blend〉のPVも必見です。

  • ◎ Slowdive(Dead Oceans 2017)Slowdive
  • 1989年10月、英レディングで結成されたSlowdiveは3枚のアルバムをリリースして1995年に解散。Neil Halstead(ヴォーカル、ギター、キーボード)、Rachel Goswell(ヴォーカル)、Ian McCutcheon(ドラムス)の3人は新たにMojave 3を結成。Simon Scott(ドラムス)やChristian Savill(ギター)もバンドやソロなどで活動していたが、2014年1月に再結成した。22年振りの4thアルバムはオリジナル・メンバー5人で録音されている。ノイジーなギターやシンセの驟雨から聴こえて来る囁くような男女のヴォーカルはシューゲイザーの王道。シングル・カットされた美メロのキラー・ソング〈Sugar For The Pill〉、サウンドとヴォーカルが渾然一体となって疾走する〈Everyone Knows〉、目頭が熱くなるほど美しい〈Go Get It〉‥‥豪雨のようなノイズが低周波マッサージのように強ばった躰を解きほぐし、夢見るようなヴォイスが荒んだ心を優しく愛撫する。今日のドリーム・ポップがシューゲイズから派生したことは感慨深い。 

  • ◎ Vestida De Nit(Universal 2017)Silvia Perez Cruz
  • スペイン・パラフルージェル生まれの女性歌手シルヴィア・ペレス・クルース(Silvia Perez Cruz)のニュー・アルバムは彼女の「愛唱歌」を弦楽五重奏(ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)でリメイク。Caetano Velosoのスペイン語圏のラテン・カヴァ集《粋な男》(Fina Estampa 1994)に収録されていたSmon Diazの〈Tonada De Luna Llena〉、カタルーニャのトラッド・ソング〈Vestida De Nit〉、日本でもヒットした〈La Lambada (Chorando Se Foi) 〉、チェロの伴奏でエクスペリメンタルする〈Corrandes D'Exili〉、2016年に亡くなったLeonard Cohenの〈Hallelujah〉‥‥。彼女の自作曲〈Ai, Ai, Ai〉〈Loca〉〈Nao Sei〉も収録されている。2014年のアンプラグド・コンサートから進展させた企画らしいが、安直な片手間仕事ではない。うねる弦楽五重奏と狂おしいまでに濃密な情念の籠ったヴォーカルから、彼女の本気度が伝わって来るからだ。三面デジパック仕様、解説ブックレット(32頁)付き。

  • ◎ Dust(Hyperdub 2017)Laurel Halo
  • ローレル・ヘイロー(Laurel Halo)の3rdアルバムはヴォーカル入り。NYトロイのマルチ・アーツ・アート・センターEMPAC(Experimental Media and Performing Arts Center)の機材を使ってデモを制作した後、先進的なミュージシャンたちとコラボすることで完成させたという。Laurel Haloのピアノ、シンセ、ヴィブラフォン、ラメロフォン(guitaret)、Eli Keszlerのドラムス、ダラブッカ(dumbek)、グロッケンシュピール、LafawndahとKleinのヴォーカル、Craig Clouse(Shit & Shine)のウーリッツア、Diamond Terrifier (Zs)のテナー・サックスなど9人がゲスト参加。アロルド・デ・カンポス(Haroldo de Campos)の詩を翻案した〈Sun To Solar〉、日本語で歌う〈Moontalk〉‥‥デビュー・アルバム《Quarantine》(2012)のカヴァに会田誠の「切腹女子高生」を用いて度肝を抜いた彼女は日本の音楽やアートにも精通している。ポップとエクスペリメンタルが共存するアヴァンポップ。シークレット・トラックは〈Who Won〉のアカペラ・ヴァージョン。
  • ◎ Out In The Storm(Merge 2017)Waxahatchee

  •                     *

    「モノクローム・セット」とは白黒TVのこと。カラー時代になって白黒TVは過去の遺物となってしまったが、白黒写真が廃れないようにモノクロ・カヴァのアルバムも少なくない。今年(2017)は例年に増して白黒カヴァが目立つ。上半期だけでも、Kelly Lee Owens、Arto Lindsay、Slowdive、Aldous Harding、Jlin、Silvia Perez Cruz、Waxahatchee、Laurel Halo‥‥など多くの注目アルバムがモノクロ・カヴァだった。Arto Lindsayのアルバムはアルゼンチン生まれのタイ人、リクリット・ティーラワニ(Rirkrit Tiravanija)のインスタレーション。Slowdiveのカヴァはハリー・スミス(Harry Everett Smith)の実験フィルム「Heaven and Earth Magic」から採られている。Laurel Haloのアルバムは独ベルリン在住の写真家フィリップ・オーマン(Phillip Aumann)、Silvia Perez Cruzのポートレイトはスペイン人の映画監督アレックス・ラデメーカーズ(Alex Rademakers)が撮っている。「モノクロ・セット」と「ももクロZ」は似ているかも?

                        *
                        *




    Cuidado Madame

    Cuidado Madame

    • Artist: Arto Lindsay
    • Label: Northern Spy Records
    • Date: 2017/04/21
    • Media: Audio CD
    • Songs: Grain By Grain / Each To Each / Ilha Dos Prazeres / Tangles / Deck / Vao Queimar Ou Botando Pra Dancar / Seu Pai / Arto Vs. Arto / Uncrossed / Unpair / Pele De Perto


    Party

    Party

    • Artist: Aldous Harding
    • Label: 4AD
    • Date: 2017/05/19
    • Media: Audio CD
    • Songs: Blend / Imagining My Man / Living The Classics / Party / I'm So Sorry / Horizon / What If Birds Aren't Singing They're Screaming / The World Is Looking For You / Swell Does The Skull


    Slowdive

    Slowdive

    • Artist: Slowdive
    • Label: Dead Oceans
    • date: 2017/05/05
    • Media: Audio CD
    • Songs: Slomo / Star Roving / Don't Know Why / Sugar For The Pill / Everyone Knows / No Longer Making Time / Go Get It / Falling Ashes


    Vestida De Nit

    Vestida De Nit

    • Artist: Silvia Pérez Cruz
    • Label: Universal
    • Date: 2017/05/26
    • Media: Audio CD
    • Songs: Tonada De Luna Llena / Mechita / La Lambada (Chorando Se Foi) / Loca / Estranha Forma De Vida / Vestida De Nit / Ai, Ai, Ai / Gallo Rojo, Gallo Negro / Nao Sei / Corrandes D'Exili / Hallelujah


    Dust

    Dust

    • Artist: Laurel Halo
    • Label: Hyperdub
    • Date: 2017/06/23
    • Media: Audio CD
    • Songs: Sun To Solar / Jelly / Koinos / Arschkriecher / Moontalk / Nicht Ohne Risiko / Who Won? / Like An L / Syzygy / Do U Ever Happen / Buh-bye / Who Won (Acapella)


    カストロの尻

    カストロの尻

    • 著者:金井 美恵子
    • 出版社:新潮社
    • 発売日:2017/05/31
    • メディア:単行本
    • 目次:「この人を見よ」 あるいは、ボヴァリー夫人も私だ / 破船 / 昇天 / 呼び声、もしくはサンザシ / シテール島への、/ 胡同の素馨 / 廃墟の旋律 / 雷鳴の湾──王女、あるいはMiscellany / 雷鳴の湾──Incident / 「孤独の讃歌」 あるいは、カストロの尻 / カストロの尻──Miscellany / 小さな女の子のいっぱいになった膀胱について / 本を燃やす、/ パナ...マ・ドンパチ・ゲイシャ

    コメント(0) 
    前の1件 | - m u s i c ブログトップ