So-net無料ブログ作成
検索選択

F A V O R I T E ー B O O K S 1 2 [f a v o r i t e s]

  • 人間じゃない(講談社 2017)綾辻 行人


  • 今年デビュー30周年を迎える綾辻行人の「未収録作品集」(単独名義の著作に未収録の短・中編)。「赤いマント」は「館」シリーズ第4作『人形館の殺人』の後日譚。「崩壊の前日」は『眼球綺譚』所収の「バースデー・プレゼント」の姉妹編。「洗礼」は『どんどん橋落ちた』の「僕=綾辻行人」を語り手にした本格ミステリ連作の番外編。「蒼白い女」は「僕=綾辻行人」を語り手にした「深泥丘」連作の番外掌編怪談。漫画原作として考案した「人間じゃない ── B〇四号室の患者 ── 」は「患者」シリーズ『フリークス』の番外編ホラー 222



  • マルの背中(講談社 2016)岩瀬 成子


  • 両親が離婚して、亜澄(小3)は母親の春美と市営アパートに引っ越して来た。弟の理央は父親と暮らしている。母親は学校の給食調理室のパートとコンビニ店員をしているが、夏休みに入って生活は困窮している。駄菓子屋の店主の母親が危篤のため帰郷することになり、近所の亜澄が看板猫のマルを預ることになる。白猫マルの背中に灰色の丸い柄があって、撫でながら頼み事をすると願いが叶うという。離れ離れになった弟のことを想う姉。理央はゾゾという「猫みたいで、象みたいに大きくて、背中に翼がある」謎の動物に見守られていた 221


                        *


    タグ:Books favorites
    コメント(0)  トラックバック(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0

    この記事のトラックバックURL:
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。