So-net無料ブログ作成

F A V O R I T E ー A R T S 2 [f a v o r i t e s]

  • エレガンスの女王 ── 木原敏江 原画展(SPAN ART GALLERY 2017)


  • 「木原敏江 原画展」(銀座・SPAN ART GALLERY)に行って来た。「総特集 木原敏江〜エレガンスの女王」出版記念とのことで、ギャラリー前には祝い花が並び、画廊にはカラー原画(扉やカヴァ・イラスト)、生原稿、直筆サイン入り複製画8点が展示されている。カラー原画は「どうしたのデイジー?」「天まであがれ」「アンジェリク」「杖と翼」「摩利と新吾」「夢の碑・鵺、風恋記、淵となりぬ」など35点、生原稿は「封印雅歌」25枚(カラー1頁、2色24頁)と「夢占舟」8枚(白黒)。カラー原画の華やかな色合いは山岸凉子...#33



  • ⃞ 草間の自己消滅 ── 草間彌生「わが永遠の魂」(国立新美術館 2017)


  • 草間彌生「わが永遠の魂」(国立新美術館)に行って来た。東京メトロ千代田線乃木坂駅からの直結コースを辿ると、館外のチケット売場も館内のグッズ・ショップも長蛇の列!‥‥金券ショップ(半額)で買っておいて良かったなぁ。企画展示室(1E)の広いワン・フロアの壁面四方に大型絵画シリーズ「わが永遠の魂」132点を展示。中央のスペースには巨大でサイケデリックな花のオブジェが6体ある。撮影可なのでスマホで絵画やオブジェを撮っている人(自撮り)も多い。観覧者は「初期作品」「ニューヨーク時代 1957-73」「21世...#32



  • ⃞ 京都のネコ ── 岩合光昭写真展「ねこの京都」(日本橋三越本店 2017)


  • 「ねこの京都」は1年5カ月かけて撮った京都のネコたち約150点を展示(今回は自慢のネコ写真を提出すると、入場券と交換してくれるサーヴィスは残念ながらなかった)。青森のネコたちの四季を撮った「ふるさとのねこ」と同じく、春・夏・秋・冬の4部構成。春の桜、夏の空、秋の紅葉、冬の雪‥‥白ネコ、黒ネコ、斑ネコ、トラ縞、三毛、スコティッシュ・フォールド、ノルウェージャン・フォレスト・キャット、ベンガル種など、京都で暮らす飼いネコたちは気品があって綺麗だった。舞妓や住職とネコとの触れ合いも京都らしい。...#31



  • ⃞ 世界ネコ歩き ── 写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」(西武池袋本店 2017)


  • 「世界ネコ歩き」に再度行って来た。1年半前に観た「世界ネコ歩き写真展」(日本橋三越本店)と同じ内容だが、会期前に「自慢のネコちゃん写真大募集!」に応募して招待券を貰っていたので無料で入れた。年末年始で混雑する百貨店の7階催事場の一角に約200点もの写真を展示しているため、通路も狭くて写真に添えられた岩合さんキャプションも見難い。迷路のように曲がりくねった隘路を巡って外に出ると、物販売場に大量のネコグッズが溢れていた。写真集、カレンダー、ポス...#30



  • ⃞ メタモルフォシス展 ── 山岸凉子展 「光 -てらす-」 (弥生美術館 2016)


  • 東京メトロ南北線・東大前駅で下車して、本郷通りを御茶ノ水方面へ歩く。言問通りを左に下る‥‥東大裏・弥生門の真向かいにある弥生美術館で「山岸凉子展」が開催されている。1枚のチケットで隣接する竹久夢二美術館も同時に観覧出来るためか、2館兼用のデザインで「山岸凉子展」の図案ではなかった。チラシには「初展示を含む原画約200点を一挙公開」と謳っているけれど、前・中・後期(前・後期は同じ展示内容)で60点以上の展示入れ替えがあり、後期展示作品は複製画や小さな絵で紹介されている。「作品保護」という名目...#29



  • ⃞ LaLaの40年 ── LaLa40周年記念原画展(西武池袋本店 西武ギャラリー 2016)


  • 「LaLa原画展」に行って来た。月刊「LaLa」に掲載された作家たち総勢63名、270点以上の原画を「Pretty」「School」「Ikemen」「Love」「Fantasy」の5つのテーマ別に展示。少女マンガ家の生原稿が見れるのかと期待していたけれど、その殆どが扉絵やイラスト、ポスターなどのカラー原画だった。「綿の国星」「ルーとソロモン」「摩利と新吾」「Z」「日の出処の天子」「バジル氏の優雅な生活」「CIPHER」「シャンペン・シャワー」「月の子」‥‥清水玲子のカラー原画は美しいだけでなく匂い立つような艶かしさがある。...#28



  • ⃞ 音楽のあなた SFのわたし ── 萩尾望都SF原画展(武蔵野市立吉祥寺美術館 2016)


  • 萩尾望都の「SF原画展」に行って来た。高校時代は三鷹に住んでいたので、吉祥寺は「裏庭」みたいなものだったが、引越してからは疎遠になってしまった。新宿から中央線快速で三鷹まで行って一駅戻れば時間的には早い。しかし、長距離移動なので交通費は嵩む。旧伊勢丹FFビル(コピス吉祥寺A館7階)にある吉祥寺美術館。小さな画廊のようなスペースにカラー原画、カラー・イラストなど約200点を展示(途中でメモを録りたくなって、受付で鉛筆を借りた時に「後期展示リスト」を手渡された)。入館料は100円。「萩尾望都原...#27



  • ⃞ ラファエル前派の夢 ── 英国の夢 ラファエル前派展(Bunkamura ザ・ミュージアム 2016)


  • 「ラファエル前派展」に行って来た。已むを得ない事情で最終日になってしまったけれど、適度の込み具合だったのでストレスなく鑑賞出来た。リヴァプール国立美術館(3館)の所蔵作品65点を「ヴィクトリア朝のロマン主義者たち」「古代世界を描いた画家たち」「戸外の風景」「19世紀後半の象徴主義者たち」の4つのセクシションで構成。最初に展示されているジョン・エヴァレット・ミレイの8点が素晴しい。美術評論家ティモシー・ヒルトンに「英国史上最も才能に恵まれた画家を28歳の若さで失った」と揶揄されたミレイはラ...#26



  • ⃞ 猫のコトラさん ── ふるさとのねこ(渋谷ヒカリエ 2015)


  • 「ふるさとのねこ」に行って来ました。ネコ写真を持参すると当日入場券が2割引になるということもあってか、写真展会場横の壁面には既に数多くのネコ写真が展示されていた。岩合さんが自選した「今日のいい子だね~」のコーナーにも可愛いネコちゃんが貼ってある。青森県津軽のリンゴ農家で飼われているコトラの産んだ5匹の子ネコたちと母ネコの子育てを撮った写真展。春・夏・秋・冬‥‥移り変わる東北の四季の中で成長する子ネコたちが生き生きと捉えられている。登場するネコたちは地域限定なので多種多彩な「ネコ歩き」の...#25



  • ⃞ ネコと歩けば 2 ── 世界ネコ歩き写真展(日本橋三越本店 2015)


  • 「ねこ歩き」(2013)の続編で、パリ、プロバンス、ベルギー、ノルウェー 、シチリア、クロアチア、エーゲ海の島々、ブルガリア、イスタンブール、マラケシュ、キーウエスト、ウルグアイ、ハワイ、台湾、沖縄‥‥世界15地域のネコたち、約200点で構成されている。イスタンブールのグリやサフランなど常連ネコちゃんも登場しますが、「ねこ歩き」との重複は1枚もなか...#24



  • ⃞ マグリットかもしれない? ── マグリット展(国立新美術館 2015)


  • 「マグリット展」(Bunkamura ザ・ミュージアム)から13年振りの「回顧展」(国立新美術館)である。東京メトロ千代田線乃木坂駅から会場までは直結している。雨風などを凌げて利便性は良いけれど、新美術館の外観を眺めることは叶わない。ルネ・マグリット(Rene Magritte 1898ー1967)の作品約130点を時系列順に「1920-1926 初期作品」「1926-1930 シュルレアリスム」「1930-1939 最初の達成」「1939-1948 戦時と戦後」「1948-1967 回帰」の5期に分けて展示したワンフロア(企画展示室2E)構成は2014年に開...#23



  • ⃞ 秋の夜長のトロンプ・ルイユ ── だまし絵 II(Bunkamura ザ・ミュージアム 2014)


  • 「奇想の王国・だまし絵展」(2009)から早5年、〈夏の終わりのトロンプ・ルイユ〉が渋谷に帰って来た。「だまし絵 II 進化するだまし絵」(Bunkamura 2014)は「だまし絵」の歴史をクロノロジカルに構成した前回とは趣きを異にする。16世紀のアルチンボルドに代表される古典作品は「プロローグ」で止め、「トロンプ・ルイユ」「シャドウ、シルエット&ミラー・イメージ」「オプ・イリュージョン」「アナモルフォーズ・メタモルフォーズ」という4つのカテゴリーに分けて20世紀以降の「だまし絵」を展示している。写...#22



  • ⃞ 猫と少女とバルテュスと ── バルテュス展(東京都美術館 2014)


  • 「期限付き無料鑑賞券」(~5/18)を貰ったので、夜間開館日(金曜)に行って来ました。上野の美術館に行く時はU谷駅で降りて歩くことにしていますが、谷中のネコたちに会えるかも?‥‥と淡い期待を抱いて、N暮里駅で下車してみた。ところが「猫町」への道を間違えたのか、両側が墓地の通りにはデブ猫1匹(写真)しか見当たらない。「バルテュス展」(東京都美術館)は3フロア(B1~F2)を巡り歩く展示方法のせいか、少なくない作品数(約100点)にも拘わらず散漫だった。「習作」だけの出品だった〈山(夏)〉(193...#21


                        *


    タグ:art favorites
    コメント(0)  トラックバック(0) 

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0